実践バリエーション

◇"How"のバリエーション

  • "How are you?"
  • "How are you doing?"

これは基本ですね。学校で習う英語ですが、なんといっても基礎が大事。なんせあんだけ学校で習っていてもとっさに聞かれると応えられないもんなんですから。応え方は、、、
I'm good / I'm doing good.
I'm (doing) alright.

ただ英語圏では、ワンパターンに同じ答えばかりしていると、おバカだと思われてしまうので、できるだけ多くのバリエーションがあるといいでしょう。

たとえば、、、

Pretty good / Not bad / Great など。

 

  • "How have you been (doing)?" 

これは時制に注意。しばらく会っていなかった相手に対して「最近どうしてた?」というニュアンスで現在完了を使っているので応え方も、、、

I've been great / I've been pretty well

などとなります。

 

  • How's is it going?

この"it"は特に意味はありません。日本語では主語があいまいになっていますが、「調子どう?」くらいのニュアンスです。

なので応えも、、、

It's good / It's going pretty well

または省略して、、

Pretty good / Great など。

 

  • How's everything going?

これも基本的には上記と同じ "it"を主語にして応えてもいいですし、"Everything is going okay." などそのまま「everything」を主語にもできます。

 

その他にも、、、

How are things?

How goes it?

How's it coming?

How's it hanging?

How's life?

How's life treating you? などのように少しユーモアがあり、おしゃれなものもあります。

 

応え方も、、、

Things are great.

It's great.

It's alright.

Life is good.などで応用できます。

 

◆おしゃれな応え方

前のページでも書きましたが、このような日常の何気ないやりとりで、ユーモアを出したり、たまには変化をつけておしゃれな言い方にしたりするところが文化的に楽しいところでもあります。上記のような「調子どう?」という問いかけに対して応え方も、、、

  • Couldn't be better.

これ以上ベターは無い⇒最高だよ!

 

  • (I) can't complain.

文句のつけようがないくらい順調。

 

(How are you? や How's your brother?などに対する応え。)

  • Alive and kicking.

元気満々だよ!

 

上記以外にも、まだまだ色々とあると思いますが思いますが、よく耳にする範囲で書きました。

 

言語は文化的営みです。

その英語が話されている地域によって特別な言い方があったり、個人個人のユーモアによって面白い言い方を勝手に作っていたり、常に言葉というものは生きていて、文明とともに進化していくんですね。

 

次のコーナーでは、もう少し応用編となります"What"形のやりとりについてフォーカスします。

 

NEXT>応用バリエーション