応用バリエーション

◆What形の挨拶

 

What形はくせ者です。ネイティブと絡んだことがあれば必ず耳にすることば「What's up?」もそうです。

 

何故くせ者かというと、その質問の答えは特に求められていないからです。笑

「答え」ではなく「応え」ることだけでいい、と言ったほうがいいでしょう。

 

どういうことかというと、

What's up? には⇒Not much. というような決まった応え方、お決まりのやりとりがあって、それ以外の事を答えると、「いや、聞いてないし」って顔をされます。

 

これは日本語にするのはとても難しいもので、どちらかというと古く関西弁の「もうかりまっか」「ぼちぼちでんな」に似ていると思います。

 

やっちゃいけないけど、

とっさだとみんなやってしまうのが次の例、

 

John: What's up?

Taro: uhh... good!!

John: Oh, okay...

 

という空気にならないように、しっかり下記のバリエーションを覚えましょう。

 

◆What形バリエーション

 

  • What's up?
  • What's going on?
  • What's happening?

これはまさに上記で説明したなんでもない挨拶の一種です。応え方は、、、

Not much / Nothing / Nothing much / Not a lot 

 

「What's up?」を「上に何が」と解釈して、"the sky" とか "the ceiling" とか言うのは、外国人英語として笑いをとれるかもしれないですが、表現の意味を知っててやったら寒いと思います。笑

 

※ここで一点注意。

「What's up?」「What's going on?」のように聞かれて明らかに自分の身の回りで何かが起こっているような場合には、挨拶ではなく質問になります。

文脈で判断して、「どうしたの?」「何が起こってるの?」という質問であれば、ちゃんと答えてあげましょう。

 

◆他にもこんなのがあります。

  • What you are up to?
  • What have you been up to?
  • What's new?

これは挨拶であり、同時に答えを求められてもいます。日本語でもよく言う「何してんの?」「ここ最近何してたの?」というニュアンスです。

これの答えは、面倒くさければ「Not Much」でもいいですし、会話を広げるには「I've been busy working on a new project」というように実際にどうしていたかを答えてもいいと思います。

 

◆相手への呼びかけ 

最後にもう一つ。

このような挨拶や、もっと広く言えば口語の会話では多くの場合、文章と相手への呼びかけをセットにして使います。実際の本当に会話の中でよく耳にする、"What's up, man" や "dude" などです。

 

これらをつけることによって、

①相手への親しみ、または感情を込める。

②ユーモアを出す。

という効果があります。

 

How are you doing?

⇒How are you doing, man?

 

無理やり日本語で例えるなら、、、

「調子どう?」と聞くのと

⇒「調子どう?」と言う場合。

後者の方がより、相手に対して感情的働きかけがある気がしませんか?

 

◇下記にバリエーションを記載しますが、これはきっとごく一部だと思います。本当に星の数ほどあり、地域食や文化が色濃くでるところです。ひとつひとつに意味はあまりないですが、()内に私の私見でイメージを書いておきます。

 

man(一番一般的)

dude(ちょっとまじめ系)

buddy(ダチって感じ)

bro("brother"のこと。マブダチって感じ。)

dog(ギャングスタっぽい)

homes(ギャングスタっぽい)

homy(上に同じく)

sport(上に同じく)

mate(オーストラリアとかイギリス人)

baby(恋人や子供。一番いとおしいものへ。)

darling(夫婦や恋人、子供)

honey(上に同じ)

sweetie(かわいい子)

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・